ヌーソロジー文献など

◆2013:シリウス革命
ヌーソロジーの全体的な情報が一番多く書かれているので、
「ヌーソロジー基本概要」の章を書くのに一番参考にした本。
ヌーソロジー本の中には絶版になっている本もある中、現在も発行されているので新書を購入することができる。
割と古めの文献であるので、少し、ヌーソロジーとしての情報が古い所などがあるが、ヌーソロジーの全体的な雰囲気を広く掴むのにも適しているヌーソロジーの代表書籍。

◆2013:人類が神を見る日 アドバンスト・エディション
半田広宣さんが、自らのチャネリングソースにあたる、オコツトと出会った時のことが詳しく書かれている。他にも、『シリウス革命』にはない、ヌーソロジーを巡る貴重なエピソードなどが書かれている。
また、「トランスフォーマー型ゲシュタルト・ベーシックプログラム」の章があり、これが、「ヌーソロジーの入門」にあたる、「次元観察子ψ1〜ψ8」辺りの構造を知るのに、既存の文献の中では非常に優れた情報になる。
残念ながら、書籍版は、現在絶版となってしまっているので、PDFファイルで読める、電子書籍版が新書となる。

◆光の箱舟 2013:超時空への旅
物理学者の砂子岳彦さんがきっかけで生まれた本。電子書籍版の『The Ark Of Photon』のみ手に入る。
量子力学の話や、物理学との絡みの話が中心になるが、
「次元観察子」の構造の話や、「人間の外面」と「人間の内面」辺りの話なども書かれている。
また、砂子岳彦さんによる「人間の認識について」といった趣旨の話が書かれており、
半田広宣さんの文章とはまた違った面白さがある。

◆2013:世界はグレンとひっくり返った 反転の創造空間
2014年になって久々に出版されたヌーソロジー本。「半田広宣×中山康直」の対談本となっている。
中山康直さんは、大麻や麻文化の研究者であり、チャネリング体験も持つ、割とスピリチュアル寄りの人。
本の内容は難しい数式などはないが、なかなかぶっ飛んだ内容など盛りだくさんの情報が詰まっている。
半田広宣さんによる、最近の「奥行き」や「複素数平面」などのキーワードを使ったヌーソロジーの解説や、最新のヌーソロジー情報なども書かれている。

◆2009年 NOOS LECTURE LIVE DVDシリーズ
2009年から始まった、ヌースレクチャーの内容が収録されたDVD。
割と新しめのヌーソロジーの情報となるとこちらになる。
各DVDごとに、ヌーソロジーの特定の部分についてのレクチャーが収録されている。
現在、ダウンロード販売も行われており、1500〜2000円程度の価格で入手することが出来る。
自分の見解としては、一応、「次元観察子ψ1〜ψ8」までは、書籍の情報とネットの情報だけでもなんとかなるが、「ψ9」以降となると、DVDにしか良い情報がない。
vol.7が「ψ7〜ψ8」、vol.8が「ψ9〜ψ10」、vol.9が「ψ11〜ψ12」のあたりについて詳しくレクチャーされている。
※Raimuによるメモ書きコーナーが有り

◆2013年 NOOS LECTURE LIVE DVDシリーズ
2013年になったということで新たに始められたヌースレクチャーシリーズが収録されたDVD。
より最新の情報としてまとめられたヌーソロジーが提供されており、
ヌーソロジー全体像・次元観察子などを網羅してヌーソロジー全体を学習していく点は2009年と同じだが、
説明の仕方やアプローチの仕方が違っており、2009年とはまた違う新たな情報が提供されている。
前半6回が2013年シリーズ、後半6回が2014年シリーズとなっている。
※Raimuによるメモ書きコーナーが有り